Mazda3のトンデモ予約状況とは何か?誰も何も知らないのに予約を取り始める奇っ怪な販売現場

 
ついにMazda3??の予約販売が開始されました。
3月7日より開始ということだそうで出だしは良いみたいです。

ただこの予約状況というのは非常に奇妙なものであり、まず車名すら営業マンがよく分かっていないのが事実のようです。
車名というのはこの車はそもそもアクセラ(日本名)という名前だったのですが今後はMazda3で行くかも??ということで一応はMazda3で予約を受けているようです。

しかし実は販売店側には車名の正式な通達はなく何の車の予約を受けているのかさえ分かってない状況なのです。
これにはおいおいと思いましたし、一体Mazdaが何を考えているのかさえ不明になってきました。。

発売日もまだ確定していないようだ


Mazda3(仮)は予約を取っていますが発売日もまだ決まっていません。
さらに言えば販売店側でも誰一人試乗すらしたことはなく、「何か良さそうですよ」くらいにしか言えないのに予約を取っているという異常事態のようです。

そもそもすでに試乗しているのは自動車ヒョーロンカの皆さんだけでしかもその用意された車というのはカモフラージュされた左ハンドル仕様(海外モデル)で日本で先行発売される1.5L車がどうかなどのレポートも全くありません。

そもそも何リッターの車なのかもよく分からないけど、旧アクセラより良くなった、静粛性が良い、質感が高いなどといつものアゲアゲ記事で満たされており一体誰がそんなことを信用すんのかまたも人間性を疑われている最中です。

結局誰一人して日本仕様の右ハンドルの車を乗ったことがないまま予約販売スタートという異例の事態で販売店の困惑ぶりは最高潮に達しているようです。
だってお客さんから聞かれても何も答えられないんですよ??
ノリだけで生きている営業マンなら軽口を叩いて「今度のは良いっすよ〜最高です!」とか言うんでしょうが、責任感があるタイプの人は何も言えないでしょうね…。

スカイアクティブXって何やねん


そして更にはスカイアクティブXなるものも予約販売していてこの仕様もよく分かっていないのが現状です。
さらに発売日も更に未定で夏以降という噂があるものの海外ですら発売されていないモデルです。

これをどうやって売るのかは謎ですがすでに商談しているところもあるようです。
買うお客さんとしては熱心に調べていてある程度内容を把握して買っているのでしょうが実物はどんなものか分かったものではありません。
価格は310万円程度からスタートとアクセラにしては高額でディーゼル車よりも高い車体価格になるのだそうです。

これもすでに予約受け付けをしているのかは定かではないものの絶対に販売店側としては内容については分かっていないと思われます。
マイルドハイブリッド仕様だというくらいしか分かっていないかもしれません。
しかし事前の話によればエンジン自体が燃費とパワーを両立させたという触れ込みだったので何でマイルドハイブリッドシステムが必要なんだ???ということになりますし聞けば聞くほど訳が分からない話だと思います。

それなのにもう売ろうとしているメーカー側の思惑というのはどうなんだろうと。
せめて試乗車くらいは用意した方が良いのではないか。
これは何と6月以降にやっと試乗車が来る(多分ガソリン車のみ)ということで国内向けはかなり日程が遅れているようです。
海外が先行している理由というのは国内ではMazda3はそんなに台数が売れないからということですがかなり人員が足りていないのではないかという懸念はあります。

マツダという会社の規模でグローバル販売体制をやっていくことでも大変でしょうから日本本国が遅れるのは致し方ない感じはしますね。

車買取 山梨